2018年7月18日水曜日

2018年7月17日の柏島ダイビング

水温22~25℃ 波もなし まだ濁りが

梅雨があけ、暑い夏日が続いています。
普段の生活では熱中症に気をつけよう、という言葉を聞くような季節。
まさに、ダイブシーズン到来ですね〜。

先日、海の日連休で来店いただいた多くのゲスト様、有難うございました。
あいにくのconditionでしたが、次回来島時には、もっといい海況でお迎えしたいものです....


ハタタテハゼ

いつもの生物達はもとより、水温が高い浅場では、色々なものが見えだしてきました。

ゴールデンモレイ

しばらく、定位置では見えなくっていたのですが、何気なく上を見上げると出ていました。この場所でいつもいてくれたらいいのですが。

ヒメニラミベニハゼ

こちらは変わらずの定位置で.....

小さくて、少し見えづらいですが粘れば正面顔も撮れますよう〜
パンダダルマハゼ


このフォルムが好きなので、いつも狙ってしまいます。
ラピポントニア・パラガレーネ

濁りはいまだに取れない海況ですが、真夏に向かうにつれ生物ライナップも増えてきていますよ〜!

2018年7月13日金曜日

2018年7月13日の柏島ダイビング

水温21~25℃  波はなし  徐々に透明度回復してるような?


今日は、久しぶりに豪雨土砂崩れで、被害が一番酷いと思われるポイントに入ってみました。


ヘドロ状に堆積
流石にこれは酷いなぁ〜、全面ヘドロ堆積状態です。



スリバチサンゴの中にも、こんなにヘドロが.....

でも、生物はたくましいですねぇ〜

ジョーフィッシュ


周りは茶色にヘドロ堆積していても、生きる住処の周りは、綺麗になってます。

そうハゼも....。一面茶色の世界の中に、ポツンと小さな白い砂地が....


そうなんです、ハゼの共生エビがせっせと砂をかき出しています。
まるでここにいますよ〜みたいな感じで、ハゼの居場所がわかります。
今日も、各種定番ハゼが出ていました。ネジリンボウ各種、ヤシャハゼ、ホタテツノハゼとか.....。

浅場では、このヘドロ濁りと関係でもあるんでしょうか?
あまりじっと止まっていないはずの魚も、集団クリーニングを待っているような感じ。
カンパチのクリーニング待ち

このカンパチの様子はFBで動画アップしていますので、覗いて見てください。

さぁ〜、明日から海の日連休です、どこまでコンディションが回復してくれるのか.....




2018年7月12日木曜日

2018年7月12日の柏島ダイビング

水温21~25℃ 梅雨明けの快晴 濁りあり


心なしか透明度が幾分良くなったような気も.....(希望的観測)


今日の中はこんな感じ、浅場は濁っているもののまぁまぁ見えてます(笑)


まだまだこのハゼのシーズンではないのでしょうか?
目にする機会が少ないような.....

小型のホタテツノハゼ

下に降りると、少しは綺麗に感じますが、水温がヒンヤリと....

深場のアヤトリカクレエビ

今日も、リクエストの綺麗なエビ探し....

カゲロウカクレエビ
多分抱卵してます




このハゼは摂餌の為でしょうか、良く飛んでいます。



明日は今日よりもきっと良くなっていることでしょう、透明度が.......

2018年7月11日水曜日

2018年7月11日の柏島ダイビング

水温21~25℃  波なし  透明度は期待できない


あの豪雨から久しぶりに潜ってみました。
流石に、海底の石や砂礫に茶色の細かな土砂の堆積が全面で見られます。

思ったほど透明度は悪くはなく、5月連休の悪い時の方がはるかに酷いくらいです。
でも、いいほうではないですけどね。


それでも、こんな風に写るんですからオリンパスはいいですね〜(笑)


先づは定番ウツボから.....

ハナヒゲウツボAD


最近は、卵・子育ての季節なので、エビも抱卵中のものを....

ラピポントニア・パラガレーネ
肉眼では見えませんが、今が盛りと卵抱えてます。

こちらは、親戚のエビ。同じく抱卵中....

カゲロウカクレエビ
これまた肉眼では厳しいですが、たくさん卵を抱えてます。


こちらは、ペアのもの....

カミソリウオ
別のところでは、寂しく単独個体がいるんですが、
それもしばらくするとペアリングに.....


今日のハゼポイントでは、種類もそうですが、多数の個体が見えたそうです。

ホタテツノハゼ1種-3


最後は、今日も綺麗に撮れなかったハゼ....


パンダダルマハゼ

正面を向いていたそうですが、私が見たときはこんな感じ、証拠写真ですかね〜


明日も濁ってはいるでしょうが、多分、徐々に回復していくと思われます。

2018年7月7日土曜日

2018年7月7日の柏島ダイビング

水温21~25℃  風とうねりが少し 透明度は普通


今日は七夕で、某ショップオーナーの誕生日らしいです。

そういう訳ではないのですが、タイミングよく出てくれました。

アデウツボ

オーナーはこのウツボが好きらしく、これについては「熱く語る」そうです。(笑)

いやぁ〜、誕生日祝いができて何よりでした。


今日も深場のハゼ狙いで行ったのですが、お目当のものは見当たらず、
代わりにアケボノハゼとかこのハゼが出ていました。

ナノハナフブキハゼ
これも綺麗なハゼの部類です。


綺麗なエビも、相変わらず定位置でいてくれてます。

ウミウシカクレエビ
やはり、このエビはこのホストが一番綺麗で似合いますねぇ〜

フォルムの綺麗なエビも.....

カゲロウカクレエビ

個人的には、ラピポントニア・パラガレーネとこのエビは遜色つけようがないくらい、
どちらもいいですね。仲間だから当たり前か.....

ウミウシも、合宿中のSゲストさんが教えてくれました。

カグヤヒメウミウシ

加藤さんの図鑑ではアオウミウシ属の1種と紹介されてますが、違う図鑑では上記の名前が提唱されています。
まぁ〜、名前ある方が紹介しやすいですから、かぐや姫としときます。

今回は、豪雨被害で来島できなかったゲストさん達、皆さんの地域で甚大な被害が出ないことを願っています。


2018年7月6日の柏島ダイビング

水温21~25℃  曇り時々雨  波もなく


テレビでは、県内・外のひどい被害状況が流れているにも関わらず、
柏島はエアーポケットに入っているような状態です。


今日の浅場の画像から....

ウメイロモドキ
この綺麗な光景には見とれてしまいます。

ゲストは合宿中のSさん、いつものごとく特段のリクエストはないものですから、
大概おすすめで....、で始まってしまいます(笑)

で、いつものハゼ狙いになります。
Sさんが、スジクロユリハゼを狙っているのを傍目に.....

クロエリカノコハゼ



浅場では、お局が指差す先を....
撮るのは大変ですけどね、適当に切ったうちの1枚(笑)
可愛い色のテングヨコエビ

エビも、後浜では定位置でいなくなっていたものが....

イソギンチャクモドキカクレエビ
少し見にくいですが、

別ポイントでは、またもやお局にライトを照らされて、その先を見ると

ササハゼ幼魚
体長1cmにも満たないサイズでした。サイズがわかりづらいですが....


最後は、小さいので証拠写真程度ですが

パンダダルマハゼ

早く撮りやすいいサイズまで育って、ペアリングして欲しいですねぇ〜



まだまだ、大雨被害の情報が流れています。
それぞれのお住いの地域での安全を、願っています。

2018年7月5日木曜日

2018年7月5日の柏島ダイビング

水温23~25℃  雨模様の合間に晴れ 透明度はやや濁り 波なし

今日は浅場の群系が綺麗でしたね〜



サンゴ群落の中をゆったりと泳ぐコースは、癒されるのか、意外と人気高いですね〜

サンゴとチョウチョウウオ


今日のリクエストは、最近ようやく見つけたミナミハコフグ。
確か1個体しか目についてないので、探すのが大変だと思っていたのですが、
そこはお局の執念でしょうか?
最後の方に、紹介することができMission completeでしたね〜

ミナミハコフグyg


近くには、出ていてもおかしくないのに最近見えなかったものも

ハナヒゲウツボAD

やはり、定番生物が定位置で出てくれないと、寂しい風景ですね〜



今日のトピックスは、ウミウシの捕食シーン

しばらくゲストさんと釘つけ状態で、見入ってしまいました。



キイボキヌハダウミウシがテヌウニシキウミウシを捕食している最中でした。
テヌウニシキウミウシの暴れること。

そのシーンは、FBでアップしていますので、覗いて見てください。

明日も、そんなシーンに当たりますように〜!

2018年7月4日水曜日

2018年7月4日の柏島ダイビング

水温21~24℃ 南の風  波はなし やや濁り

今日は昨日とは様変わりの、ダイブ日和。あくまでもスタッフの感想です(笑)


そんな今日のラインナップは....

小さなものから〜

ジャパニーズピグミーシーホース

なんか見ると、お腹が大きいような気もするけど????


次は、ワンランク大きくなったもの....

お腹も大きいピグミーシーホース



続いて..... 
全然関係ないハゼですけど、人気あるから。
今日は、鰭がうまく撮れません


アケボノハゼ

でも、島では1〜2の上位リクエストの生物なんです。

お次は、個人的に好きなハゼ

クロエリカノコハゼ


浅場では見れないハゼです。

これをアップしたいばかりに、深場に行かざるを得ない言い訳にしています。

この言い訳のレパートリーをなるべく多く持たないと....(笑)

2018年7月3日火曜日

2018年7月3日の柏島ダイビング

水温21~24℃  南東の激しい風  風波のみ

流石に台風が九州接近中ということで、南からの風は強いものがあります。
突風が時折吹く中、波はないので早めに出てみました。

中に入れば問題なく、普通にダイブを楽しめる状況です。
流石に浅場は少し濁りが出てるものの、先日来の濁りですから直接台風とは関係ないようです。

砂地で何かいないかと死んだ貝殻をめくっていると、そこから一目散に鉄砲エビが飛び出します。

ワンテンポずれて、横から飛び出すものが......


一瞬のうちに、エソの口の中に.... 気が抜けない厳しい世界です。


こちらは、今から誕生しようとしている生命


しばらく、絶食で頑張ってくれてるようです。
でも、時々その保育している卵を食べてしまうこともあるので、イシモチの生存競争も厳しい.....

こちらも、しばらくすればハッチアウトしそうな卵。

トゼウマ・アルマートゥムの抱卵


そして麗子が見つけたヨウジウオの仲間。
柏島では珍しく、観察例も少ないようです。

ハチジョウボウヨウジ

最後も、抱卵中のエビの相棒

ラピポントニア・パラガレーネ

右側に朧に写っているのがそのメスで、抱卵中でした。

今は海中、卵や幼魚の世界ですね〜!


2018年7月2日月曜日

2018年7月2日の柏島ダイビング

水温23~25℃    南の風で波はなし   浅場濁りあり


最近の浅場は、先日のウニや牡蠣の放卵・放精以来濁りがとれません。
いい潮が入ってくれるのを待つしかないのかな?


今日はMr.Monday来店日。




Mondayリクエストで、ウミウシカクレエビの撮影からスタート。


途中、好きな被写体も出てくれたので、いい絵が撮れたことでしょう。
出来上がりが楽しみです。お店で流れている画像は全てMondayの撮影。




中には、流れてる画像が柏島とは思ってなくて、海外かと言われるお客さんもいます。(笑)



今日は、ハゼの異色な組み合わせも....



ヤシャハゼとホタテツノハゼ1種-3がまるで同じ巣穴を使いたいような雰囲気。
この後、ハナハゼも出てきて、3種が重なるシーンも一瞬ありました。
撮れなかったのが、残念!

明日も、こんなシーンに出会えればいいのですが......

2018年7月1日日曜日

2018年7月1日の柏島ダイビング

水温23~25℃  深場綺麗の浅場濁り  南の風強し

今日から夏休みの7月に入り、海の季節がやってきましたね〜!

最近深場の透明度はいいのですが、少しヒンヤリしています。

18mラインの境目あたりでサーモクラインとなってる感じ。

上にあがれば暖かく感じるのですが、濁りが....



1本目は、それほど濁っている訳でもなく、暖かく快適。


カエルアンコウ
砂地で久々にカエルアンコウを見かけました、1年ぶりです。

浅場の水温が25℃もあるのですが、まだこんな所にいたのかというものも....

立派なマトウダイ
水温を見たらやはり少し寒い23℃くらいでした。

その辺の水深でハゼ探しをしてると、これも人気のやや深場のハゼ

キザクラハゼ&ハナハゼ

今日は、ファンとは別に、会社の仲間同士の体験Divも、


終わった後の記念撮影です。
キャンピングカーをレンタルし、周遊観光しているそうで、高知の海をまだまだ楽しみたいそうです。でも、太平洋側の海は台風影響で厳しいね〜

この後、気をつけて遊んでくださいね〜!