2019年8月31日土曜日

2019年8月31日の柏島ダイビング

水温24~26℃  まだ若干濁りあり   雨模様


時折日差しが差し込んでくれて、ホットする暖かさかな?

今日は、全ての写真をゲストにいただきました。

イソギンチャクモドキカクレエビの産卵
by Miyamoto

深場の貴公子 スジクロユリハゼ
by chion

同じく深場の ダイトクベニハゼ
by chion

最近の旬かな?  ホムラハゼ
by chion

by chion
明日も、こんな感じで見れたらいいですね〜

2019年8月29日木曜日

2019年8月29日の柏島ダイビング

水温24~26℃  やっと晴れ間が  透明度はイマイチ


このところ雨模様の日が続いていましたが、
合間にやっと夏の日差しが戻って来たようです。

ボート上でも、ありがたい暖かさですね〜

アオサハギ
極小ではないけど、手頃なサイズかな?


キザクラハゼ
やや深場に多いハゼです。

ニシキフウライウオ
もう長い間この場所に、最近はカミソリウオと同居しています


フリソデエビ
浅場で、サンゴの隙間から目が合ったそう。
場所といい、定期的に餌を与えられているような感じでした。

明日も、晴れ間が続いてくれるとありがたい....

2019年8月28日の柏島ダイビング

水温24~26℃  小雨交じり模様   透明度はイマイチ

早くも子供達の夏休みも終わり、白浜海水浴場もまばらな人たち。

そろそろ静かな柏島に戻っていきそうな8月の後半。

海の中は、まだまだこれから......
エビもハゼも色々な種類が見えています.....

イレズミハゼSP

トゼウマ・アルマートゥム雄
もう付近に雌は見当たりません。

アカスジカクレエビ


フリソデエビですが、この個体の下にとても小さな個体が潜り込んでいます。

カクレモエビ属の1種2


そろそろスカッと晴れた日が、欲しいですねぇ〜

2019年8月27日火曜日

2019年8月27日の柏島ダイビング

水温24~26℃   雨模様   濁りあり


小雨〜時折大粒の雨模様  波はないのですが、依然として濁りが....



濁っていても、群れるものは見応えありますね〜

オオモンカエルアンコウ
小さいサイズだと可愛いのですが、少し大きくてもこれはこれなりに....


定番のアケボノハゼは、今日は3個体も出ていたようです。

リクエストされていたホタテツノハゼ。
ゲストが来た時には、巣穴に隠れているという、何ともタイミングの悪さでした。

明日もこんな雨交じりの少し肌寒い天気でしょうが、
中はそれなりに楽しいものが見えていますよ〜。

2019年8月26日の柏島ダイビング

水温26℃  午後から濁りが   雨模様


流石に8月後半の雨ともなると、秋の気配を感じます。

水の中は、まだまだ快適。午後も午前中のようなコンディションであればね.....


午前中の透明度は、まぁまぁいけてるほうなんですが.....



最近は、水温が上がってきているのか、大人も子供もコンスタントに見えています。
ハナヒゲウツボ

リクエストの可愛いジョーフィッシュ、クルクル動く目が愛嬌あるからかな?




単独よりかは、やはりペアとかトリプルとかがいいですね〜

明日も、雨模様かな.......


2019年8月25日の柏島ダイビング

水温27℃  少し濁りあり   波は穏やか


やっとお盆習慣も峠を越してきたようで、通常ダイブの平穏さに戻ってきています。

この期間に、講習は今までやってなかったのですが、
リクエストが多いので....

 定番人気のホムラハゼ
やはり、これが見えるとみなさんリクエストされますね〜


個人的に好きなベニハゼ系統〜  ナガシメベニハゼ

これからは、ログアップしていかないと〜

2019年8月9日金曜日

2019年8月8日の柏島ダイビング

水温26℃  透明度はまぁまぁ  台風うねりが岸で

まだまだ快適に潜れています。
今の10号進路予想では、13日までは潜れると判断していますが....

そろそろお盆休み週間に突入する日が近づいてきました。
講習、体験Div、fundivingと忙しくなりそうなので、ログアップできないと思います。

今日の透明度です

深場のハナダイ
オシャレハナダイ

久しぶりの、定番、定位置のウツボ
ヒメウツボ 黄化個体


今日は、fundivingと並行して、黒潮生物研究所のサンゴサンプル調査にも同行。
目﨑所長&メンバー

 前回のエンタクミドリイシの大規模産卵後の調査。
まだまだ産み残しがあるそうなので、8月これからも産卵あるそうですよ〜

 スギノキミドリイシとの混在箇所。これを見るとまだまだ健全な箇所が広がっています。

目﨑所長の被害箇所調査
 が、ところどころ丸々と太った、栄養豊かなオニヒトデが散見。
この地域では唯一柏島だけが駆除が行われてなく、今後の展開が心配だから、
何か対策(駆除事業)を考えるとのことでした。

ボロカサゴ
fundivingでは、最近の激レア生物も健在。


片袖のないフリソデエビygも.....


ミジンベニハゼ

トゼウマ・アルマートゥム

しばらくは、ログもFBもアップが滞ると思いますが、ダイブは台風クローズがない限り潜っていますので、問い合わせお待ちしています。

2019年8月8日木曜日

2019年8月7日の柏島ダイビング

水温24~28℃  若干濁り  風も弱く

台風通過後のダイブ。
浅場は、少しましな潮が入ってきているようです。


アンカー元付近ですが、そこそこ見えるようになってきています。


ミジンベニハゼ

フリソデエビのチビ
今年は、やけにフリソデエビygを見かける機会が多いように感じます。
多くのポイントで見かけるのですが、去年は単に見つけられなかっただけかな?

ボロカサゴyg

まだ見えているボロカサゴ、お盆過ぎまでいてくれるといいのですが.......

2019年8月7日水曜日

2019年8月6日の柏島ダイビング

水温23~28℃  浅場見えるように  風波少し

台風の通過を待って、午後からのダイブ。
予想していたように、少しだけ浅場透明度が回復していました。


今日は、アンカー元透視度が、最近では一番いい方でしょう。


下からついてきたように上がってきたカメ。
最近は、機嫌がいいのかフレンドリーに近寄らせてくれます。

フリソデエビ
定位置のチビペア、ヒトデがなくなっていたので差し入れ。
人気のエビなので、お盆過ぎまでいてくれますように。


スジクロユリハゼ

ハゼも、最近は各種見えています。
ホタテツノハゼが大小、いたるところで見えるようになっています。

浅場透明度は少し回復、後は表層流れが落ち着いてくれたらベストなんですが.....

2019年8月6日火曜日

2019年8月5日の柏島ダイビング

水温23~28℃  浅場濁り  風もなし

台風接近前のひと潜り。
浅場の濁りは依然としてあり、それに加え表層付近が流れています。
エキジットに気を遣うダイブです。


サイドマウントのこの方、いつも我々より深いところから、ライトが現れてきます。(笑)


アケボノハゼ
リクエストの勤崎からスタート。
ここは、ハゼ天国で各種見えます。
透明度いいと地形と群も楽しみなんですが。


ニシキフウライウオ
いるとは分かっていても、探すのに毎回時間がかかります。
ここのニシキフウライウオは......


ボロカサゴ
最後は、ダメ元でボロカサゴでも探しましょうと、
何気なく流していると、偶然にも見慣れた形が揺れています。

引率イントラさんのスレートに「激レア!」と書かれていました。
講習生も見えるなんて、何とも贅沢なダイブですね〜


2019年8月4日日曜日

2019年8月4日の柏島ダイビング

水温23~28℃   まだ台風うねりなし  濁りは変わらず

最近の表層は濁りと早い流れで、しばらくは慎重に流れの様子を見ないと飛び込めません。


海底から見上げてもくっきりと見えない透明度。




定番ハナヒゲウツボは大人も幼魚も、それぞれ安定して出ています。


ハゼ類も、流れに逆らうように飛んでいる個体も.......


ピグミーシーホース


台風進路が気がかりですが、今回8号は接近はしてくるものの、大した影響もなさそうな感じ。