2022年6月30日木曜日

2022年6月30日の柏島ダイビング

 水温20~25℃  透明度10m程度  波はなく陸上は暑く


今朝の透明度を期待したのですが、少し濁っています。

でも、今日はおまけでレアな生物も確認できたし、良しとしましょう。

今日も、超常連とのマンツーダイブ。


今日のトピックスは、なんと言ってもこちらのハゼ。
何年振りでしょうか、柏島ではレアな種類になります。
ボロカサゴなんかよりレアかもしれませんね!
オニハゼ属の1種-6


ピグミーシーホース

喧嘩後?、下顎が曲がっていますが?

シマキンチャクフグ

こちらはトラウツボですが、右目がありません



この時期はイシモチ関係は口内保育に忙しく

ヤシャハゼ

手足に纏っていたコウイカ卵の最後の1個が、ハッチしたそうです。
モクズショイ


最近は、どこかでイカの卵がハッチしているのですが、

これもハッチするはずの卵なんですが.....



2022年6月28日火曜日

2022年6月28日の柏島ダイビング

 水温20~25℃   波はなし   暑いくらいの日差し


陸上は、すでに梅雨明けの初夏。

中は、少し濁っていますが......

下は寒く、上は濁っていても暖かい、そんなコンディションです。


今日の浅場透明度です

リュウモンイロウミウシ



サクラコシオリエビ

ムスジコショウダイyg

ウミウシカクレエビ



ウミシダヤドリエビ

ズグロダテハゼ

ヒメニラミベニハゼ
久しぶりに見ました

アナモリチュウコシオリエビ

マツバギンポ

アケボノハゼyg
見過ごしていた箇所に




激しい腰振りダンス ムスジコショウダイyg


2022年6月27日月曜日

2022年6月27日の柏島ダイビング

 水温20〜24℃   晴れ  波もなし


今朝の1本目は幻想的な後浜。

何年も島で潜っているにもかかわらず、霧霞に覆われて後浜の堤防景色は幻想的でした。

本当に無風で鏡のような水面がその証拠でしょうね。

陸上写真を撮っておけばよかったと、後悔!


今朝の透明度はこんな感じ
昨日が窒素溜めすぎなので、今日は軽めに

ピグミーシーホース



クダゴンベ



モクズショイに産み付けたわけではないでしょうが、
見事にコウイカ卵を纏ってます





イバラタツ

ハナヒゲウツボ

口内保育中のイナズマヒカリイシモチ



アカオビハナダイ

ミナミハコフグ
今はこの可愛いサイズが多いですね



ハチジョウタツ




コウイカ卵を纏うモクズショイ



2022年6月26日日曜日

2022年6月26日の柏島ダイビング

 水温19~24℃   晴れ   浅場は少し濁り


もうすっかり日差しは、夏。

背中が熱いくらいです。

それに比べて深場は、ひんやりと冷たく感じます。

深場好きなゲストさんと、あまり行かないところまで〜

ミスガイ

ベニハナダイ

オシャレハナダイ

アサヒハナゴイ

ハダカハオコゼのペア

ミナミハコフグ

スジハナダイ

キザクラハゼ
久しぶりに見ました

アケボノハゼ

ホヤカクレエビの仲間でしょうか?

ツバメウオ

イズハナダイ属-1種
少し珍しいみたいですね

多分、明日も深場でしょうね(笑)





ミスガイ



2022年6月25日土曜日

2022年6月25日の柏島ダイビング

 水温19~23℃   薄曇り   午後から風波が


今日も3隻でのご案内ですが、内1隻はゲスト1人にスタッフが2人。

贅沢ダイビングです(笑)



贅沢ダイビングのゲスト、Tちゃん


もうすぐハッチアウト
ハナイカ卵

ハッチアウトしたばかりのハナイカ子供

こちらはハッチを見守る親

闘争のせいでしょうか?
口が割れています

アケボノハゼ

口内保育中のイシモチ

ニシキフウライウオ

ピグミーシーホース



ハッチがまじかなクマノミ達


産まれた直後のハナイカ子供