2020年3月14日土曜日

2020年3月13日の柏島ダイビング

水温17℃  波もほぼ無し  透明度はやや濁り

エントリー直後は、やや寒く水温計が16℃を表示することも。
メインポイントの後浜では、数年来サンゴ群集保護のオニヒトデ駆除を行っているのですが、最近大型個体が目立つようになってきています。

今日も通常fundivingとは別に、スタッフだけで酢酸注射駆除をやってきました。
見かけたのは3個体ですが、駆除したのは2個体。
オニヒトデを見かけても、決して不用意に触れたり、取り出そうとしないでください。
初回だけならまだしも、2回目や複数回、蕀にさすと、アナフィラキシーショックを起こすことがあるので、十分注意してください。素手で回収駆除して何回も刺され(刺してですが)、ついにはショックで危険な状態に陥った経験があります。オニヒトデの中には、撮りたいエビも付いていることがあるのですが、不用意にひっくり返したりしないでくださいね〜!

今日はサンゴの表面に出てきていました。
普通サイズのオニヒトデ







武漢肺炎ウイルスの影響でダイブツアーも、中止の声を聞きます。
早く収束の方向に向かわないと、日本経済が二重三重のショックで大変なことになりそうです。彼の国に変な忖度をせず、流入をせめて4~5週間早く止めるべきでしたね.......


0 件のコメント:

コメントを投稿